ご自身のお仕事で大切なキーワードは何ですか?

今日から3月。

春がもう目の前にやってきますね。

さて、今日は残念な外見作りをご紹介します。

若い弁護士さんのお話です。

彼は若くして「先生」と呼ばれる職業に就いたことから、少しでも貫禄や威厳を表そうとして、全身GUCCIとわかる装いなのだそうです。

全身GUCCIって。。。総額いくら?

そして彼よりも年上の方からは生意気と取られますし、とても嫌味な感じです。

つまり第一印象で違和感を与えてしまっているのです。

お金をそういう風に使う人なんだと思われた時点で信頼感を失います。何もブランド物がいけないわけではありません。

ブランド物はさりげなく使うから好感をもたれます。

それが全身、しかも相手にブランドがわかってしまうというのは、やはりどんな職業においても好感はもたれませんね。

装いを整える=身だしなみ

これは相手に対するおもてなしの意味、尊敬の意味もあります。

ですから、何を身に着けていても相手から違和感を抱かれてしまったら、それは間違いで、せっかくのGUCCIも自己満足でしかなくなるのです。

自分の職業で大切なイメージは何か!

大切なキーワードは何か!

その大切なイメージを外見で表すとどういう装いになるか!

そして自分の個性とあわせて、どう見せていくか!

これらを考えて外見を整える事が大切です。

 

 

関連記事

著者プロフィール

大草 悦子
大草 悦子

【品格と信頼を格段に上げる!あなたの価値を高める着こなし提案をしているイメージコンサルタント&スカーフスタイリスト®】
魅力を最大限に引き出し、イメージをブランディングし、それをファッションコーディネート・メイク・スカーフアレンジなどで表現します。大手結婚相談所にて男性向けセミナー講師としても活動し、契約更新中!
(一社)国際スタイリングカウンセラー協会インストラクター &スカーフスタイリスト®認定講師 Kozu style認定イメージコンサルタント

~詳しいプロフィールはこちら~

ピックアップ記事

  1. 2016-7-27

    カラーリストさんのお客様満足度をあげるために!

    スカーフスタイリスト認定講座は今年1月より開講し、お陰様で早7ヶ月。沢山の方が取得され、ご自身の強み…

最近の投稿

おすすめ記事1

  1. さて、昨日6日は六本木ヒルズアーテリジェントスクールにて「装いを味方につけてブランド力をあげる1」と…

ISCA 国際スタイリングカウンセラー協会

2017年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る